2009年9月2日

液晶テレビ/プラズマテレビの音質をなんとかしたい人のために!!

T-Loopオリジナル
「タイムドメインスピーカー TVセット」

新登場!!

 

液晶テレビ/プラズマテレビの音質を改善できる!
サラウンド用の機器/スピーカー/配線不要で、
リアルな臨場感のタイムドメイン音空間が楽しめる!!

 

今お使いの液晶テレビ/プラズマテレビ。音質が悪いと感じていませんか?

それもそのはず、液晶テレビやプラズマテレビの音質は年々低下しています。

オーディオ専門誌各誌の最新液晶テレビ/プラズマテレビの評価をご覧ください。
いずれの製品も音質項目の成績が芳しいものではなく、音質の低下傾向は明らか。

 

その理由は、従来スピーカーのオーディオ理論にあり!

従来スピーカーのオーディオ理論では、スピーカーの音質は「エンクロージャ(スピーカー共鳴箱)」の大きさ(容積や形)に大きな影響を受けます。

 

薄型テレビの音質変化液晶テレビやプラズマテレビの技術が進んで画面が薄型化するほど、エンクロージャの容積が小さり、形も自由度が無くなるため、薄型テレビの音はオーディオ理論的に、音質が低下しているのです。

そして、そのマイナスを各メーカーはいろいろと音質に工夫を加えて取り繕っている状態なのです。

しかし、オーディオ専門誌での音質の評価が低いということは、オーディオ専門家の耳はごまかせないということのようです。

 

画像が高解像度のハイビジョンなのに、音質は低いのまま』

 

これが、ハイビジョン映像の感動を半減させている原因でもありました。

 

せっかく買った薄型テレビ、その高画質を充分に楽しめていなかった!

高画質・高音質を謳うブルーレイディスクやデジタルBS放送、地上波デジタル放送ですが、音の善し悪しで全く違って見えるもの。

買ったままの液晶テレビやプラズマテレビでは、そのクオリティを充分享受できていません。

 

そう、最新液晶テレビやプラズマテレビのハイビジョンの映像は、実はもっと感動できるクオリティなのです。

 

せっかく買った液晶テレビ/プラズマテレビを、解像度の低い音質のまま見ているなんて、もったいない!

 

では、どうすれば、薄型テレビの音が、ハイビジョンに相応しい音になるのでしょうか?

 

薄型テレビの音を高解像音に置き換えられる「TVセット」

リビンクレイアウトの参考イメージ

TIMEDOMAIN Yoshii9T-Loopでは、この液晶テレビ/プラズマテレビの音質の問題を解決すべく、新たにオリジナルセット商品をご用意しました。

 

それは、液晶テレビ/プラズマテレビの音を、自然な音で臨場感が広がるタイムドメインスピーカーの音に置き換えられる「タイムドメインスピーカー TVセット」

 

タイムドメインスピーカーを液晶テレビやプラズマテレビのヘッドフォン端子につなぐだけでも音を置き換えることは可能です。
「TVセット」は、さらにテレビのリモコンに連動して、タイムドメインスピーカーの電源や音量をコントロールすることができる、テレビ連動器とタイムドメインスピーカーのセット商品となっています。

 

このセットを使えば、普段のテレビの使い勝手はそのままに、液晶テレビ/プラズマテレビの音だけをタイムドメインスピーカーの音に置き換えることが可能です。
TIMEDOMAIN light TVセットの動作

・テレビの電源オン

  →約1秒後にスピーカーがオン

・テレビの電源オフ

  →約1秒後にスピーカーがオフ

さらに、スピーカー部の操作が不要になることで、タイムドメインスピーカーの置き場所に自由度が広がります。

TVセットの特長

  1. テレビのリモコンに連動
    今お使いのテレビのリモコンで、タイムドメインスピーカーの電源のオン/オフができ、音量もヘッドフォン端子の音量に連動します。
    タイムドメインスピーカーの電源コードを接続して、一度スピーカーの音量を調節すれば、あとはテレビのリモコンだけでお使いいただけます。
  2. タイムドメインスピーカーのレイアウトが自由に
    電源や音量が連動させることで、毎回のスピーカー部の操作が要らなくなるためタイムドメインスピーカーの置き場所に自由度が生まれます。
    タイムドメインスピーカーには、スピーカーユニットからではなく、元の音源の位置から音が聴こえるという原音再生の特長があります。ですからテレビ画面の裏側に置いたり、棚の上に置いたりと、直接スピーカーが見えていなくても音の広がりは変わりません。
    スピーカーの存在を感じさせずに、インテリアをすっきりとレイアウトでき、子供やペットのいたずら対策としてもご活用いただけます。
  3. 学習機能内蔵で正確な動作が可能
    録画機能内蔵テレビやアナログCATVチューナーを接続する場合には、「テレビ試聴」の状態のほかに、テレビ画面の点かない「留守録画中」の状態があります。その場合、「TVセット」を接続してそのまま使うと、留守録画中状態にもスピーカーの電源が入ります(画面が点かなければ、音は鳴りません)。
    その場合は、電流学習機能でスピーカーのオン/オフを学習させることで、テレビ試聴状態時のみスピーカーの電源がオンになるようにすることができます。
    また、地上波デジタル/BSデジタルチューナー内蔵の薄型テレビでも、使っていない夜中にアップデートのためチューナー部の電源が入る場合があるため、録画機能のない薄型テレビでも学習させておくことをお勧めします。
  4. 省エネ&便利を両立
    タイムドメインスピーカーは、従来オーディオに比べて大幅に消費電力が少ない省エネ設計製品となっています。しかし、ACアダプターは、コンセントに接続しているだけで、待機電力を消費し、熱を発しています。TVセットは、スピーカー用ACアダプタ-のコンセントをオフにするので、ACアダプターの待機電力もカットでき、省エネ&便利を同時に実現しています。

【TVセットの制限事項】

TVセットは、下記の条件をすべて満たしている場合にのみお使いいただけます。必ず3つの条件をご確認の上、ご注文ください。

  1. テレビのヘッドフォンの音量をリモコンで変えられること。
    一部のテレビ製品では、リモコンの音量ボタンでヘッドフォンの音量が変えられないテレビがあります。必ずテレビの取扱説明書等で、テレビにヘッドフォン出力端子(ステレオ音声)があり、かつリモコンで音量を変えられることをご確認ください。
  2. テレビの定格消費電力が70W以上500W以下であること。
    プラズマテレビや50V型以上の液晶テレビには、定格消費電力が500W以上のテレビ製品があります。テレビ(またはアナログCATVチューナー+テレビの合計)の定格消費電力が500W以下であることをご確認ください。
    また、小型テレビや省エネテレビ等で定格消費電力70W以下の場合、電源のオン/オフが正しく動作しない場合があります。
  3. 常時電源が来ているコンセントに接続できること 。
    テレビ連動器の電源が切れると、学習機能がリセットしてしまいます。
    通常は、テレビの電源コードを接続していたコンセントに、テレビ連動器の電源コードを置き換えて接続すれば問題ありません。
    テレビの電源コードをアナログCATV チューナーの電源連動コンセントに接続している場合は、テレビの電源コードではなく、アナログCATVチューナーの電源コードと、テレビ連動器の電源コードを置き換えて接続してください。

テレビ連動器の主な仕様

 テレビ口の最大消費電力:500W以下
全体の最大消費電力:1500W以下
コンセント数:テレビ口×1
連動口×3
非連動口×3
学習機能:電流学習機能有り

T-Loopオリジナル「TVセット」について

「TVセット」は、各タイムドメインスピーカーにご用意しています。

タイムドメイン ライト テレビセット
TIMEDOMAIN light TVセット
税込価格24,620円

タイムドメイン ミニ テレビセット
TIMEDOMAIN mini C type Tuned by T-Loop TVセット
税込価格37,530円

ボザール マーティ101 テレビセット
BauXar Marty101 TVセット
税込価格35,370円

オンラインショップ オンラインショップ オンラインショップ

 

ボザール ジュピティ301 テレビセット
BauXar Jupity301 TVセット
税込価格78,570円

タイムドメイン ヨシイ9 テレビセット
TIMEDOMAIN Yoshii9 TVセット
税込価格329,130円

タイムドメイン ヨシイ9 カラーモデル テレビセット
TIMEDOMAIN Yoshii9
カラーモデル TVセット
税込価格396,130円

オンラインショップ オンラインショップ オンラインショップ