音源を忠実に再生するタイムドメインスピーカーは、その音源の質を上げることで、さらに高音質の音楽鑑賞を楽しむことができます。
ここでは、タイムドメインスピーカーならではの音空間を楽しんでいただくために、おすすめの再生方法をご紹介していきます。
●PCオーディオ編

 

●iPhone/iPod編

 

●CDプレーヤー編

 

●レコードプレーヤー編

PCオーディオ編

 

●なぜ、タイムドメインスピーカーでは再生機器によって音が変わるのか?

 

CD再生の音質を語る場合、「CDの録音や編集の質」も重要ですが、同じCDであっても使用する再生機器によって音が変わります。

CDの音楽をスピーカーで聴くには、

 

 CDに記録されている音楽データを読み取り(リッピング)

  ↓

 その音楽データをPCMデータに変換し(音楽再生ソフトやCDプレーヤー)

  ↓

 PCMデータを音の信号に変換し(デジタル→アナログ変換)

  ↓

 アンプで増幅して

  ↓

 スピーカーで鳴らします。

 

PCオーディオ

もし各過程の忠実度が理想(100%)であれば、録音現場の音がそのままスピーカーから再生されるはずです。
しかし、実際には“100%”はありえず、各過程毎の入力信号に対する忠実度の掛け算が、実質的なスピーカーから出てくる音の音質になります。

従来は、スピーカーが一番忠実度が低いと考えられていて、「いかに良い音色のスピーカーを作るか!」に長年様々なオーディオメーカーが注力してきました。

 

しかし、タイムドメインスピーカーを使用する場合は、スピーカーの忠実度が格段に高くなったことにより、「CDプレーヤー」や「音楽再生ソフト」、「デジタル→アナログ変換装置」の忠実度が、CD再生における音質の違いに大きな影響を及ぼします。

 

そう、タイムドメインスピーカーでは、アンプ&スピーカーに入るまでの再生装置を適切なものにすることで、タイムドメインスピーカーの能力をより引き出し、その性能を使いこなすことが可能となるのです。
それでは、各項目別におすすめの再生機器をご紹介していきましょう。
●CD読み込み

●音楽再生ソフト

●デジタル・アナログ変換(DAC)

●CDの読み込み

iPhoneやiPod、PCオーディオ等でCDを聴こうとしたとき、最初に行うのがCDの読み込み(リッピング)です。iPhoneやiPodならパソコンにCDを入れるだけでiTunesが起動して、自動的にパソコンのハードディスク等に音楽データを読み込み始めることでしょう。

至って簡単な操作です。

 

でも、この読み込むときの設定が、音質に影響します。特にデータ圧縮による音の違いを再生してしまうタイムドメインスピーカーでは、いかに“音楽データの情報量を間引かずに保つか”がカギとなります。

そこで、iTunesの「環境設定」の「読み込み設定」では、下記の設定をおすすめします。

●WAV形式

全く圧縮しないCDに収録されているままの形式です。余計なことを何もしないのが最高です。ただし、ファイル容量が巨大になります。CD1枚分が650MBくらいになりますから、8GBのiPodでも約12枚分でいっぱいになってしまいます。パソコンで再生する場合や、SDカードプレーヤー等のWAV形式が必須の場合、もしくはとことん高音質を追求したい場合には、この形式が適しています。

●AIFF形式

MacOSの標準的なファイル形式であり、WAV形式と同様に全く圧縮しない形式です。WAV形式との違いはヘッダー情報部分くらいで音データ部分はWAV形式と同等の情報量を保持しています。そして、ファイル容量もWAV形式同様に巨大になります。MacOSのパソコンで音編集を行う場合には、この形式が適しています。

●Apple Lossless形式

CDに収録されている情報量を間引かずに圧縮する形式です。理論上はCDと同等の音質を保ちつつ、ファイル容量を節約することができます。iPhoneやiPodなどで、音楽データを持ち歩く場合には、この形式が適しています。
その他、MP3やAACなどの形式は必ず音を間引くことになり、音質劣化(情報量の減少)が起こります。MP3形式でも最高音質にしておけば実用上の音質劣化は少ないですが、タイムドメインスピーカーを十分楽しむには、なるべく情報量の減少が無い形式をおすすめしています。
ここでは、iTunesを例に説明しましたが、他の携帯音楽プレーヤーやリッピングソフトウェアでも、上記を参考にCDの読み込み設定を確認してみてください。

●音楽再生ソフト

音楽データを間引くことなく読み込めば、100%の再生ができそうなものですが、実は音楽再生ソフトの処理段階でも様々な変換ロスが発生し、音質が劣化しています。

パソコンデータを扱う処理には必ずデータの欠落が無いかチェックする仕掛けがありますが、実は音楽データに関しては元のデータとの相違をチェックするルールがありません 。そのため、処理の各過程においてデータ欠落やデータ化けがあっても、そのまま適当に補間して音が再生されてしまうので、気付かないうちに音質が劣化しているのです。
そこで、おすすめなのが元データからロスの無い再生(ビット・パーフェクト)を目指して作られた音楽再生ソフトウェアです。

BitPerfect (MacOS X 10.6以降)

BitPerfectは、パソコン内での音楽再生の処理過程すべてを見直して、各過程でデータのロスが無いように処理する音楽再生ソフトウェアです。名前の通り、元データをロス無く再現する「ビット・パーフェクト再生」を目指しています。
iTunesに介在する形のソフトウェアで、「BitPerfect」を起動すると、連携してiTunesが開きます。 使い勝手はiTunesそのままで、とても簡単に高音質を楽しめます。

「BitPerfect」は、有料ソフトウェアで、MacAppStoreで購入できます。対応OSはMacOSX 10.6以降となっています。

BitPerfect – BitPerfect Sound Inc.

 

●Audirvana (MacOS X 10.6以降)

Audirvanaもロスの無い「ビット・パーフェクト再生」を目指す音楽再生ソフトウェアです。無料版のAudirvana Freeと有料版のAudirvana Plusがあります。操作は、独自の音楽プレーヤー画面で行います。

対応OSは、MacOSX 10.6以降となっています。
Audirvana Free ダウンロードページ

 

また、有料版のAudirvana Plusでは、対応音楽フォーマットやiTunesとの連携機能が強化されています。

Audirvana Plus ダウンロードページ

foobar2000 (Windows 7、Vista)

foobar2000は、Windows XP sp2以降に対応したフリーウェア(無料)の音楽再生ソフトウェアです。Windows版音楽再生ソフトウェアの中では定評があり、多くのユーザーに使われています。動作が軽いことと色々なプラグインで機能拡張できることが特長です。
これに加えて、Windows VistaやWindows 7から可能となった「WASAPI(Windows Audio Session API)排他モード」を利用することで、Windows 7/Vistaにおいても「ビット・パーフェクト再生」を実現することが可能です。

foobar2000 本体ダウンロードページ

WASAPI output support プラグインダウンロードページ

ただし、汎用性の高いフリーウェアだけあって、使えるようにするまでには、多少設定操作が必要です。
設定方法は、下記のDOS/V POWER REPORTのページに手順が説明されていますので、こちらを参考にしてください。

DOS/V POWER REPORT「WASAPI排他モードで音楽を再生

iTunes Ver.11.0.2以降 (Windows 7、Vista)

Windows 7/Vistaの場合は、iPhone/iPod/iPad用音楽再生ソフトとして人気のフリーウェア「iTunes」も使用できます。iTunes Ver.11.0.2からは、「再生環境設定」の「再生」の「オーディオ再生のビットレート」で「Windows Audio Session」を選択することで、foober2000と同様にWASAPI再生が可能となります。Windows7/VistaパソコンでiTunesの使い勝手に慣れている人は、要チェックです。

iTunes 11 for Windows ダウンロードページ

AudioGate 3 (Windows XP/Vista/7/8、MacOS X V10.6以降)

AudioGate 3は、KORGのDACやレコーダー向けの音楽再生ソフトですが、ライト版は誰でも無料で利用できます。(前バージョンはツイッターアカウントが必要でしたが、3 Playerからは不要となりました。)また、KORG製品を接続して認証させるとフルバージョンとなります。
AudioGate 3は、ハイレゾ音源やDSD音源も含めて幅広いファイルフォーマットに対応しているのが特長となります。また、KORGのDS-DAC-10、DS-DAC-100、DS-DAC-100mを 接続した場合、CD音源(PCM44/1kHz/16bit)をリアルタイムDSD変換してDSDとして再生することで、既存の音源データーをブレの無い音で楽しめるのが利点となります。

AudioGate 3 ダウンロードページ

● デジタル・アナログ変換(DAC)

CD等のデジタル音楽データを再生する場合、デジタルデータを音(アナログ信号)に変換することが必要です。これを行う機能を“DAC(デジタル・アナログ・コンバーター)”と言います。通常はパソコンOSに内蔵のDACで変換したアナログ信号がスピーカーやヘッドホン端子から出力されます。

より良い音を楽しみたければ、このDACを変えることが有効となります。そして、タイムドメインスピーカーに最適なのが“NOSDAC”と呼ばれるDACです。

通常のDACは、「オーバー・サンプリング(CDの音楽データを滑らかに再生しようする処理)」のDACがほとんどで、OSに組み込まれたDACもオーバー・サンプリング処理を行っています。

それに対して「NOSDAC(ノン・オーバー・サンプリングDAC)」は、何も加工せずに、音楽データをそのまま音声信号にしようとするものです。

 

実はCDが出回りはじめた時代には、ほとんどのCDプレーヤーがノン・オーバー・サンプリング(NOSDAC)でした。でも、当時のアンプ&スピーカーシステムは再生の忠実度が低かったため、CDの音をより滑らかに再生するための工夫として「オーバー・サンプリング処理」が主流となり、NOSDAC製品は時代とともに減っていきました。
しかしながら、オーバー・サンプリング処理ではデータ量は膨大に増えますが、元のCDに収録された音の情報以上に情報量が増えるわけではありません。逆にこの処理を行うことで、微細な音が滑らかにつぶされてされてしまい、情報量が格段に減ってしまっていました。
タイムドメインスピーカーでは音源の情報量を忠実に再現できるため、オーバー・サンプリングDACよる再生では聴こえていなかった余韻や空気感が、情報劣化の少ないNOSDACではたくさん聴こえてきます。
まさに、タイムドメインスピーカーとNOSDACを組み合わせることで、初めてCDに収録されたクオリティを楽しめるようになるわけです。

さて、パソコンからDACを使う場合には、USB接続が便利です。PCオーディオ用として多くのDAC製品が発売されていますが、オーバー・サンプリングDAC全盛の今、NOSDAC製品はほとんど市販されていません。
そこでいろいろと探した結果、おすすめできる市販NOSDACをいくつかご紹介します。

iFi-Audio micro iDSD

iFi-Audio micro iDSDは、DSD/PCM DACを内蔵したポータブルヘッドホンアンプです。Burr Brown DSD1793をデュアル搭載し、USB/光入力/同軸入力に対応しています。
極力余計な変換をしない思想で作られており、デジタルフィルタースイッチを「Biterfect(=オフ)」にすることで、NOSDACとして使用できます。さらに、ネイティブDSD DACとして、標準的なDSD64(2.8MHz)から最大DSD512(22.6MHz)まで対応していて、世界最高峰のDSD DACとなっています。将来DSD音源が普及してもしばらくは対応可能な製品です。

※iFi-Audio micro iDSDは、T-Loop試聴室にて試聴できます。

 

T-Loop TV用DAC TL-DAC01

現在市販されているNOSDACは極めて少なく、HiFiMAN HM-602Slimも生産終了となってしまいました。そこで、HM-602と同じフィリップスのNOSDACチップ「TDA-1543」を搭載したNOSDACをT-Loopオリジナル商品として開発し、発売しました。TL-DAC01は、TVの音をヘッドホン端子よりも良い音で聴けるように、光デジタル入力に対応したNOSDACとなっています。多くのテレビに装備されている光デジタル音声出力を利用し、NOSDACチップで音に変換することで無駄なロスを極力減らし、音源に含まれている情報を余すことなくタイムドメインスピーカーで楽しめます。
通常光デジタル音声出力ではボリュームコントロールが利かなくなってしまいますが、TL-DAC01ではデジタル情報を100%音にした上で、アナログボリュームで音量をコントロールすることができます。このボリュームは逆リモコンとなっており、余っているテレビ用リモコンや汎用リモコンで操作が可能にしました。テレビの使い勝手を変えずに、快適にNOSDACの音でテレビを楽しめます。

※T-Loop TV用DAC TL-DAC01は、T-Loop試聴室にて試聴できます。

 

SDカードプレーヤー Lotoo PAW Gold

Lotoo PAW Goldは、DSDやハイレゾ音源に対応したポータブルSDカードプレーヤーです。
SDカードに保存した音楽データをパソコンなしでどこでも楽しめます。デジタル・アナログ変換にはBurrBrown1792という上級チップを搭載しており、元の音源データを極力変換せずに音にする設計がなされています。NOSDACの表示はありませんが、実際に聴くと正に余計なことを何もしないNOSDACの音を楽しめます。
さらに、Lotoo PAW Goldは、時間軸のブレが極端に少ない極低ジッター設計となっており、自作DACやアンプの領域でしか聴けない、市販の一線を越えたピュアな音で再生されます。電源も内蔵電池駆動のみとなっており、USB DACとしても動作しません。電源からD/A変換処理を始め、あらゆる点で音源をそのまま再生する配慮がなされています。
また、極力コンパクトに設計することは、タイムドメイン的に音を濁す余計の振動が出にくい設計で、devilsound DACとも相通ずる製品と言えます。
Lotoo PAW Goldは、ポータブルというより、究極の据置型DSD/PCM DACとして、お勧めします。
どちらかというとハイグレードのSDカードプレーヤーですが、DACの自作はできないけど、手軽に自作領域の音を聴きたい人には結構リーズナブルな製品と言えるかもしれません。

※Lotoo PAW Goldは、当面の間T-Loop試聴室にて試聴できます。

 

 ◆ 同軸端子と光端子はどちらがよい??

同軸端子と光端子市販のDAC製品の入力端子には、USB入力端子の他に、同軸端子(Coaxial)と光端子(Optical)のいずれか、または両方が付いている場合があります。
いずれもデジタル信号を受け取る端子ですが、実はその特性には違いがあります。

同軸端子の場合は、パソコンやCDプレーヤー等で生成されたPCMデータの電気信号が、そのままDACへの入力信号となります。

一方、光端子の場合は、パソコンやCDプレーヤー等でPCMデータの電気信号をいったん光信号に変換して送信し、それを光の点滅として受信した後、再び電気信号に変換してからDACへ入力することになります。

他の再生過程でも「何もしない」のが一番高音質であるように、デジタル信号の端子においても何もしない同軸端子の方が音質的な劣化が少なくなります。

一方、光端子は、一旦電気ではなくなりますので、再生機器から伝わる電気的な振動の影響を遮断して、改めて受光部で純粋な電気信号に変換できる可能性があります。
どちらが良くなるかはその再生機器の設計コンセプトや使用する電源の質にもよりますので、もし再生機器とDAC製品の両方に、同軸端子と光端子がある場合は、「同軸端子」と「光端子」で聴き比べてみるのも楽しみになるかと思います。

 

iPhone/iPod編

 

iPhone/iPodは、物/サービスの本質にこだわるApple社の製品だけあって、携帯音楽プレーヤーとして音質に優れているだけでなく、iTunesやiTunes Store、iCloudサービスなど、誰でも簡単に上質な音が楽しめる製品です。iTunes Storeを100%利用すれば、パソコンなしでも使うことができます。でも、iTunes Storeの音楽データは圧縮されたデータの配信となっているため、より高音質を楽しむなら手持ちのCDからパソコンに音楽データを読み込んで使うことをおすすめします。
おすすめの読み込み設定についてはPCオーディオ編で説明していますので、こちらをご覧ください。

iPhone/iPodから再生するときは、タイムドメインスピーカーのステレオミニプラグをヘッドホン端子に差すだけです。
ただし、より高音質を楽しむなら、iPhone/iPodの保護ケース等を外して再生することをおすすめします。保護ケースの材質にもより異なりますが、全般的に保護ケースを外した方がより音のこもりが少なくなるでしょう。
また、タイムドメインスピーカーのステレオミニプラグコードや左スピーカーコードは、巻き取らずに伸ばして使うことをおすすめします。コードを巻き取るとその部分がコイルとなり、余計な磁界が発生して音質劣化の原因となることがあります。

 

CDプレーヤー編

 

CDプレーヤーには、CDの音楽データを読み取る部分からデジタルデータをアナログ信号に変換する部分まで、全ての過程が入っています。CDの忠実再生を目指すには、良い音作りを目指す高級なCDプレーヤーよりも、元の音源に何も加えない安価なポータブルCDプレーヤーの方がタイムドメインスピーカーに向いています。
しかしながら、最近ポータブルCDプレーヤー製品が少なく、過度に安い造りのものもあまりおすすめできません。現状では、ある程度しっかりした造りの製品の中で一番安価なものを使用し、低音強調やイコライザー機能を全てオフ(フラット)にした状態が一番忠実に近いと言えるでしょう。
このような条件に当てはまるものは、CDプレーヤーだけでなく、ポータブルDVDプレーヤーも対象になります。

 

また、据え置き型CDプレーヤーやDVDプレーヤーでは、同軸デジタル音声出力端子や光デジタル音声出力端子を備えた製品があります。この端子から市販のNOSDACにつなぐことで、より高音質を楽しめる場合があります。市販のおすすめNOSDAC製品については、こちらを参考にご覧ください。

 

レコードプレーヤー編

 

CDの再生環境を整えると、CDの音がだんだんアナログレコードの音へと近づいて行き、CDでもかなりの情報量が収録されていることがわかります。しかし、いくら細かくなってもデジタル化は一定間隔で区切り、その間を間引いた情報であり、アナログレコードの情報量にはかないません。音楽の高音質をとことん追求したい方は、やはりアナログレコードへと行き着くことになるでしょう。

アナログレコードの忠実再生を目指すには、良い音作りを目指す高級なアナログプレーヤーよりも、元の音源に何も加えない安価なフォノイコライザー内蔵レコードプレーヤーの方がタイムドメインスピーカーに向いています。
アナログプレーヤーの再生については、タイムドメイン社のホームページに紹介されていますので、こちらをご覧ください。

また、アナログプレーヤーの使いこなしのコツについて、こちらの資料も掲載されていますので、参考にしてください。